HITOMA Cube

HITOMA Cube

そこに、ちいさな日本があらわれる。

日本はもともと、空間の「仕切り」が曖昧な国でした。部屋と部屋とを壁で区切ってプライバシーを保護する西洋の建築様式とは異なり、日本では襖や障子、衝立やすだれなど、はっきりと領域をつくらない可動式の仕切りが発達します。HITOMAはこうした日本人の感覚に基づき、空間の中にささやかな「和」の間を現出させるプロダクトブランドです。

Cube

四隅に棒を立て、そこに縄を張って囲う。これは日本で古来から「神を招来する場所」としてつくられた結界のかたちでした。立方体のフレームを基本構造としたHITOMA Cubeのつくりもこれに通じています。
外とゆるやかに繋がっていながら、一歩足を踏み入れると気持ちが鎮まるような感覚になれるのは、その結界の中に、古代の日本から連綿と続く時間が流れているからかもしれません。

簡素だから、自由な空間。

HITOMA Cubeの構成要素はいたってシンプルです。木の柱をベースに、六面を覆う建具や壁は自由に選べます。そのために大型施設やホテルのロビー、レストランやオフィスのような抜けのある空間に憩いの場所や茶室として、あるいは商談スペースなど、幅広い用途に設えることのできる本格的な和室です。製造は日本国内で、精度の高い技術が求めらる建具職人たちの手によって行われます。

HITOMA Cube組み合わせ方

HITOMA Cubeは、ベースフレームとパーツを自由に組み合わせて完成させる、ユニット型の和室です。
お好みの組み合わせをお選びできます。

  • BASE FRAME
  • OPTION
  • CORDINATE SAMPLE

ベースフレームは、小上がり無し・付きの二種類です。
下記以外のサイズオーダーも承ります。

Cube A

BASE FRAME - Cube A

Cube B

BASE FRAME - Cube B

畳は、縁無し/付きの二種類からお選びできます。

縁無し

縁無し

縁付き

縁付き

ベースフレームに付随するパーツは以下の中からお選びできます。

  • 壁2枚引き違いW 1200 × D 1938

  • 壁3枚固定W 750 × D 1938

  • 天井3枚長尺W 750 × D 2238

  • 地袋/天袋/欄間(各々3枚固定)W 750 × D 310

  • 沓脱石W 2400 × D 500

壁/天井123

  • クロス

    クロス

  • 唐紙

    唐紙

  • 突板

    突板

  • 障子

    障子

  • 格子

    格子

  • 簾戸

    簾戸

地袋/天袋/欄間4

  • クロス

    クロス

  • 格子

    格子

  • 菱

  • 突板

    突板

  • 麻の葉

    麻の葉

沓脱ぎ石セット5

沓脱ぎ石セット

履き物を脱ぐ場所に備える石です。

ベースフレームとパーツを組み合わせた例です。
下記以外の組み合わせも可能です。

お問い合わせ

HITOMAは、日本の伝統文化である畳と建具を、それぞれ長らく扱ってきた、
「TTN CORPORATION」と「WOODFACE」との協働によるプロダクトブランドです。

TTN CORPORATION

664-0831
兵庫県伊丹市北伊丹 9-80-3
Tel.072-785-1058
Fax.072-778-0997
www.ttn-corporation.net

WOOD FACE

649-6261
和歌山県和歌山市小倉 411-5
Tel.073-465-3788
Fax.073-465-3787
woodface.jp

ご要望に応じて、寸法・仕様などのお打ち合わせをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。(お見積もり無料)